• アクセス
  • お知らせ

  • HOME
  • >
  • 診療案内

TREATMENT

当院のご紹介


みやもと眼科クリニックでは、下記の診療を実施しています。診療メニューボタンを選んで詳細をご覧下さい。

日帰り白内障手術

老視治療

コンタクトレンズ

眼科生活習慣病

緑内障 黄斑部疾患 小児弱視治療 ロービジョン

日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

水晶体は60歳代の約7割、70歳代の8割以上に
加齢性白内障所見がみられます。患者様の職業や
視力ニーズにより手術時期は異なりますが、
日常生活に不便を感じはじめたときを手術を考えるきっかけにされる方が多いようです。
自動車を運転される方なら免許更新に必要な矯正視力(0.7)を下まわる場合、新聞の活字が見えにくくなる(0.5)くらいがひとつの指標といえるでしょうか。
当クリニックは多数例の経験をもとに、安心して手術をうけていただける最新の技術と快適な術前術後環境の提供を目指しています。手術翌日に最良な笑顔で喜んでいただけること、健やかな視力回復により楽しく明るい術後生活をおくっていただくことが我々の希望です。

ページトップへ

老視治療


通常眼内レンズの見え方
多焦点眼内レンズの見え方

加齢とともに、目の調節力は次第に減弱しますので、遠近両用眼鏡やいくつもの眼鏡を使い分けないといけない不自由さに困っておられるかたも多いと思います。
パソコンでインターネットを利用し、ゴルフやテニスなどのスポーツや料理などの趣味を同時に楽しんだりできる眼の環境はないのでしょうか? 昨今は白内障手術後にそういった見え方の質(Quality of vision)をよくすることがある程度可能となってきました。今年度厚生労働省に承認された多焦点眼内レンズは 遠距離、中距離、近距離など複数に焦点が合うように設計されており、従来に比べ、遠くにも、近くにも眼鏡なしで焦点が合いやすくなります。ただし本治療は保険外診療であり、慎重な適応基準がありますので、患者様の既往疾患や目の状態を十分に検査が必要となります。希望があればスタッフにお問い合わせください。

ページトップへ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

「アレルギーがあるけどコンタクトレンズは使用可能なの?」
「コンタクトレンズをつけて長時間読書ができないんだけど、これって老眼?」
「ドライアイがあって違和感が強いんだけど....」
「若いときからコンタクトをしていて20年にもなるけど、いつまでできるの?」
「長男が、"友達がつかいはじめたから僕も コンタクトレンズ!!"っていうけど、まだ早いんじゃないの?」

国内では1千数百万人以上のひとがコンタクトレンズを使用しているともいわれていますが、悩みや心配はつきないもの...。当クリニックでは患者様の疑問や質問に対し科学的な見地から検証、お一人お一人に適切で健康的なコンタクトレンズ生活をプランします。
併設のミューコンタクトで、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ボシュロム、クーパービジョン、メニコンなど各種主要コンタクトレンズを取りそろえ、良心的な価格でご提供します。

ページトップへ

眼科生活習慣病

眼科生活習慣病

「メタボリック症候群」に代表されるような糖尿病、
高血圧、肥満などの生活習慣病は眼科領域においても健康な視力の維持を脅かす存在であり、とりわけ数多くの眼底疾患との関連が指摘されています。
油断すると糖尿病網膜症や種々の網膜静脈閉塞症などでは高度の視力低下の転記となってしまう場合も少なくありません。当クリニックの戦略は、"経年的な眼底データ管理"と"内科医との良好な連絡・提携です。
眼科ファイリングシステムと電子カルテにより得られた情報に関して、
生活習慣病を管理していただく内科の先生に、"そのときの"あるいは"数年間の変化、
病状の進行"をフィードバックし役立てていたくよう心がけます。
またパソコンの使用による眼精疲労、テクノストレス眼症などは眼科独自の眼生活習慣病であり、患者様のライフスタイルやお仕事内容に応じた眼科指導を行っています。

ページトップへ

緑内障

緑内障

日本眼科学会で行われた疫学調査により、40才以上の5.8%が緑内障素因を有していることがわかりました。緑内障は本邦の失明原因のトップであることからも、病名を知ってショックを受けられる方も多いですが、治療が効果的に行われれば高度の視力低下をきたさずに生涯をおくられる方が大部分です。近年は人間ドックや偶然の眼科受診で発見されることもあり、早期発見早期治療が一番大切です。発症してから10数年あるいはそれ以上の長い年月をかけての経過を考える必要がある疾患ですので、当クリニックでは十分なデータ管理のもとに個々の緑内障に応じた治療・指導を行っていこうと考えております。

ページトップへ

黄斑部疾患

ノバルティスファーマ(株)提供

眼底のなかでとりわけ黄斑部には、その眼のフィルム機能の90%以上が集中しており、黄斑部の障害では、ものがゆがんで見える、小さくみえる、暗くみえるといったばかりでなく、場合によっては眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても(0.1)以下しかみえないような重大な視力障害にいたることもあります。今年度から保険適応が可能になったOCT〔光干渉断層計〕は従来不可能とされた生体化での網膜の断層像が10ミクロン以下の高解像度で描出できるようになり、正確な黄斑部の病態把握が可能となりました。当院では開院時からOCTを導入し、黄斑疾患の早期発見、経過観察および客観的かつ定量的評価を行うことができます。

ページトップへ

小児弱視治療

小児弱視治療

幼児期に、斜視や高度の遠視の診断・視機能訓練ができていないと、十分な視力成長や両眼視の形成ができないことがあります。また最近の小中学生ではパソコン、テレビゲーム、携帯電話の使用により、視力低下をきたす割合が格段に増えてきています。学童の視力を考えたライフスタイルをどのようにしたらよいのか、めがねをかけないですむのはどのような場合か、どの程度の視力低下があればめがねが必要なのか、
コンタクトレンズは何歳くらいからしてもよいのか、などといった疑問、質問に"お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん"の目線にあった角度から懇切丁寧にお話いたします。また視力検査時に緊張して集中できにくいお子さんに対応するため、
当院の視力表は全て、"字ひとつ視力表"で根気よく視力測定しています。

ページトップへ

ロービジョン

ロービジョン

高度に進行した緑内障や黄斑疾患、網膜色素変性症などの患者さんの中には
"もう読書を楽しめないのでは..."、
"銀行通帳や新聞がもう少しはっきり見たい"
"孫の書いてくれた似顔絵をほめてあげたい"
といった近方視の悩みを持ちながら半ば諦めかけておられる方もおられるのではないでしょうか?大きな眼の病気をもっておられる方が20歳代の視力を回復することは難しいでしょうが、
最近では特別なルーペや、携帯電話のカメラ機能を工夫したもの、文字をテレビの画面に投影するようなものなど、いくつもの"近くをみるための補助装具"が開発されていますが、一般のユーザーが知ったり、利用できる機会はあまりに少ないのが現状です。
当院ではそういったロービジョンの専門的知識をもったスタッフが、あなたの病気、視力の特性に見合った補助装具をいくつか試していただき、少しでもあなた個人のライフスタイルに貢献できるように選定のお手伝いをしています。